カール事務器

パイプロット刃の中に紙が詰まってしまいます。

パイプロット刃の中に紙が詰まってしまいます。

パイプロット刃(筒型の刃)を用いた強力パンチは、小型パンチとは構造が異なり、
パンチくずが刃の中に入り、押し出されてくず受けに入ります。
(小型パンチは、V字刃が紙を押し切ってくずを下に落とします。)

強力パンチでは、穿孔後パンチくずの一部は刃の中に留まりますが、次の穿孔時に押し出される為、不良ではありません。

blade-r
パイプロット刃

blade-v
V字刃

「紙詰まり」とは、この前回のパンチくずが押し出されない状態を指します。
パンチくずが刃の中で詰まって動かない状態(=紙詰まり)では、刃先は紙に突き
刺さりません(貫通しません)ので、その状態でハンドルを無理に押し下げますと、
パイプロット刃や本体部品が破損する可能性があります。

まずは屑受けを取り外してみて、穴あけができるかどうかご確認下さい。
(ハンドルを下げても「穴があかない」とお感じになった場合は、無理にハンドルを
押し下げないで下さい。破損の原因となります。)

屑受けを取り外しても不具合が解消しない場合は、お問い合わせフォームよりご相談下さい。
※危険ですので、ご自身で刃の中のパンチくずを除去しないで下さい。

※パイプロット刃の「パンチくず詰まり」を起こさない為に
・あいている紙への「二度あけ」はおやめ下さい
・紙の端への「半欠けあけ」はおやめ下さい
・ビニール素材・ラミネート加工された紙・紙以外の物に穴あけしないで下さい
・くず受けはしっかりと奥まで入れた状態でご使用下さい
・穴あけ能力以上の紙に穴あけしないで下さい


page top