カール事務器

製本リングの違いを教えて下さい。

製本リングの違いを教えて下さい。

各リングの特徴は以下の通りです。(3種類のリングは、リングを通す穴の形状・間隔が異なり互換性はありません)

コームリング

combring1
塩化ビニール製の柔らかいリングです。
コームリングをお使いになる為には、必ず専用の製本機が必要です。

会議資料、配布資料などの作成に便利です。ダブルループリングに比べて低コストでご利用頂けます。
専用製本機でA4(長辺)/20穴の長方形の角穴にをあけ、リングを通します。
表紙を付ける場合はTC-51/TC-52をご利用ください。

ダブルループリング

doubleloopring1
スチール製の硬いリングです。
ダブルループリングをお使いになる為には、必ず専用の製本機が必要です。
コームリングに比べ素材的に強い為、反復利用の多い資料、テキスト、地図などの作成に最適です。
専用製本機でA4(長辺)/34穴の正方形の角穴をあけ、リングを通します。
表紙を付ける場合はTW-61/TW-62をご利用ください。

ルーズリング

loosering1
ポリプロピレン製のリングで、手で開閉できます(製本機不要です)。
紙の追加、差し替えが可能で、資料の保存などに便利です。
別売りのルーズリングジッパーをお使い頂くと、より開閉が容易に行えます。
市販のリングバインダーとは異なり、表紙が無い為、見開きで360度近く開けます。

リングバインダー用ゲージパンチグリッサーで穴あけした紙や、市販のルーズリーフを綴じる事ができます(A4/30穴)。



page top