沿革

1929年(昭和4年)
東京市本所において、個人経営による三万堂製作所を設立。
文房具および雑貨の製造を開始。
1942年(昭和17年)
戦時体制のため、主に海軍関係の通信機部品の製造を行う。
1947年(昭和22年)
故会長、森忠三が戦災のため焼失した製作所を再建。
カール印の文房具および雑貨の製造販売を開始。
1954年(昭和29年)
カール事務器株式会社を設立。工場を葛飾区立石に移転。
1960年(昭和35年)
現在地に3階建鉄筋コンクリートビルを建築。
東京通産局より日本工業規格表示許可を得る。
1964年(昭和39年)
通産大臣より輸出貢献企業の表彰を受ける。
1968年(昭和43年)
埼玉県八潮市に樹脂部品の製造工場を建設。
1969年(昭和44年)
昭和39年より連続6年、通産大臣より輸出貢献企業の表彰を受ける。
1971年(昭和46年)
カール事務器より生産部門を分離し、株式会社カール茨城工場設立。
1979年(昭和54年)
台東区蔵前に8階建ての新社屋ビルを建築。
営業ならびに貿易部門・研究開発部門を移転。
1985年(昭和60年)
立石に新社屋建設。本社を蔵前から移転。
2001年(平成13年)
森忠三 代表取締役会長に就任、森誠 代表取締役社長に就任
2004年(平成16年)
環境マネジメントシステム「ISO 14001」 を認証取得。
「クラフトパンチアートシリーズ」が、第4回ホビー産業大賞経済産業省製造局長賞を受賞。
2008年(平成20年)
株式会社カール茨城工場をインターテクノ株式会社に社名変更。
2009年(平成21年)
「フローランスミュレ」が、第9回ホビー産業大賞 日本ホビー協会賞を受賞。
2010年(平成22年)
穴あけパンチ「アリシス」が、第19回日本文具大賞2010 機能部門グランプリを受賞。
2011年(平成23年)
鉛筆削器「エンゼル-5」が、第20回日本文具大賞2011 機能部門優秀賞を受賞。
2012年(平成24年)
鉛筆削器「エンゼル-5」が、立体商標を取得。
2015年(平成27年)
森誠 代表取締役会長に就任  玉山隆三 代表取締役社長に就任
2016年(平成28年)
「くるくる・カールくん」が、ドイツ「iFデザインアワード2016」を受賞。
2017年(平成29年)
森裕一 代表取締役社長に就任
2020年(令和2年)
インターテクノ株式会社を吸収合併。
 page top